スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の八方、九重

20100514063209s.jpg

ようやく読み終わりました。生徒会の九重。
前回の八方、感想を書いていなかったので、簡単にこちらから

第2話:本音の生徒会

セリフのあとにそれぞれのキャラのその時点の本音が追加されてる話。
ここで一番ヤバイと感じたのは知弦であった。
最初は犯罪行為の事を考えないようにと頑張っている知弦だが、なぜか杉崎に対する気持ちにいきあたってしまい、暴走してしまう。
初めて知弦さんが可愛いと思ってしまった。

現在の自分の好感度
真冬>知弦>くりむ>美夏

最終話:回収する生徒会

今巻の最大のイベントです。
自分の中で生徒会シリーズ最大のイベントです。

杉崎は深夏がクラスメイト(男)などと仲良く話をしていて、もやもや

深夏は杉崎が別クラスの女の子たちと仲良く話していて、イライラ

お互いの事を気にし始めてしまいます。

杉崎は自分の知っている深夏が一部だけと知り、落ち込みます。

深夏は誰とでもすぐに打ち解け、場の中心になる杉崎を認めます。

深夏は杉崎の幼馴染である飛鳥の事を考えると胸が苦しくなり……

そして自分の杉崎への想いを自覚します。

そして
杉崎にキス


美夏~~可愛すぎるだろ!!!

もうハーレムとかいいから、付き合っちゃえよ!!!!!!

お互い意識してるんだからさ!!

ってかクラス公認してるだろ確か!!


美夏>>>真冬>知弦>くりむ

八方は完全に美夏の巻でした。

では続いて、九重の感想
f006387020100922052123.jpg
まず、この表紙エロ!おへそ見えてますよ真冬さん。
こういう事をして、俺の好感度を上げるなよ

今巻では、くりむの過去が明らかに!
そういや、過去出てなかったな、くりむ…可愛そうな娘

どんな過去か読んでみると、重い!!
くりむの過去とは思えないくらい暗くて、重たい話でした。

まぁ、しっかり、落ちは、ありましたよ え~

ここから、知弦との出会いの話につなげます。

まぁこの話とリリシアの話は飛ばします。

なんたって今回のメインは
えくすとら:渡す生徒会ですよ

バレンタインの回ですよ。
知弦
不覚にもチョコを渡したい相手が今年は出来てしまった。
義理チョコすら渡したことがない知弦にとって、緊張していた。

だんだん知弦が可愛く見えてきてヤバイな
渡した瞬間もヤバかったっす

美夏
今はデレ期間だと自分で話す美夏
チョコを渡すのが楽しみでしかたがなかったらしい。

「か、勘違いするなよなっ!わたしはただ、お前が好きなだけなんだからな!!」
「バレンタインだから、ここぞとばかりに好意示しただけなんだぜ!」

美夏可愛いよ美夏

デレデレセリフをツンデレ口調で言うんじゃないよ

こっちが照れるじゃねーか

くりむ

男の子にチョコをあげるのは初めてらしいよ


真冬

くりむの感想が少ないだって??
そんなことより今回は真冬だ!細かいことをぬかすな

実は上3人のやり取りをすべて見ていた真冬。渡すタイミングが見つからないのだ。
生徒会役員だけでなく、いろんな女の子からチョコを貰う杉崎。そして、それを見ていた真冬。
ちなみに生徒会役員で手作りに挑戦したのは、この真冬ちゃんただ一人です。どんだけ健気なのだか……

放課後、ようやく杉崎を捕まえることに成功します。
そして、2人が初めて出会った公園に行くことに

杉崎は真冬からチョコ貰えないのかと一日中考えていたらしい。

真冬はそんな杉崎を見てお願いをしました。


真冬を抱いて下さい

がはっ!!
いきなり美少女にこんなこと言われたら誰でも吹くわ!!!!

まぁ抱きしめて下さいの間違いだったんだが、

ちなみに真冬は男嫌いです。

杉崎も知っていて真冬を説得します。

真冬は自分の意志で杉崎の胸に飛び込みます。震えた体で

「真冬はこうしたくてこうしているんです。

「男の人には触れたくないです!でも先輩には触れたいのです!」

真冬!!可愛いよ真冬!

ヤバイよだれが、たれそうだ



ってか杉崎完全にハーレム築いてるよな??



ちなみに本編は次巻が最終巻のこと。

さぁ最後がどうなるのか楽しみにしたいと思います。

美夏>>真冬>知弦>>>>くりむ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。